常時SSL(https)化対応サービス
常時SSL(https)化設定サービス

「常時SSL」とは、ウェブサイトの閲覧を常に安全な通信を行うことです。
SSL通信とは、インターネット上の通信を暗号化するための事です。
暗号化し通信を行うことでウェブサイトの改ざん等ができなくなり保護されます。


SSL化未対応【保護されていない】場合 (※ブラウザでの見え方)


SSL化未対応【保護されていない】場合

※SSL化未対応の場合、保護されていない通信、または危険といった表示になります。



SSL化対応【保護されている】場合 (※ブラウザでの見え方)


SSL化対応【保護されている】場合 (※ブラウザでの見え方)

※SSL化を行うと次のように鍵がかかった表示になります。


SSL化対応を行ったウェブサイトは、URLが「https://」から始まるようになります。
インターネットを見るときのブラウザ上のアドレスバーで確認することが出来ます。
鍵マークが表示されていれば安全とひと目でわかります。

「保護されていない通信」表示に気づいた閲覧者は当然不安になりますので、Webサイトの信頼低下につながってしまいます。
まだ独自SSLを導入していないという方は、お早めにWebサイトの常時SSL化を強くおすすめいたします。



常時SSL化対応方法


最近では各レンタルサーバーでも無料のSSLを用意しております。
無料のSSLを設定し比較的安価で常時SSL化が行うことか可能です。
【ご注意】
ご自身でのSSL設定は注意が必要です! 以下のような事が多く常時SSL化の設定がうまく行われないケースも多くあります。
●ホームページの表示が崩れてしまう
●SSLの申請はできたがアドレスバーに鍵が表示されない
●トップページしか鍵が表示されない



常時SSL(https)化設定サービスのご案内


てのんウェブではお客様に代わり常時SSL化の設定作業を行っております。
【「常時SSL化」対応に必要な内容(流れ)を簡単にまとめてました】

【事前準備】ご利用サーバーのログイン情報は必要になります。 (事前にご準備いただきます。)
①サーバー会社に「SSL」の申込みを代行で行います(管理画面での操作が必要)
②「 https://お客様のドメイン.com 」で接続できるか確認
③「http」→「https」へのリダイレクト設定
④「www」の有り無しへのリダイレクト設定(※必要な場合)
⑤全てのページが安全に接続出来る状態になっているか確認して完了
※ご利用のサーバー環境によっては別途追加費用が必要な場合がございます。
※膨大なページ数のサイト、HTMLやCMS構造などお客様のサイト内容により費用が異なります。
1サイトあたり 30,800円~(税込)



■無料独自SSLが使えるサーバー(※プランによって異なります)
・エックスサーバー
・さくらのレンタルサーバー
・お名前.comレンタルサーバー
・ロリポップ
など
※古いレンタルサーバーなどでは、SSLサーバー証明書が導入できない場合や対応していないケースもあります。
対応していない場合は、サーバー移管が必要になります。
SSLの対応しているレンタルサーバーをご予算に合わせてご提案させていただきます。

■ブラウザでの状況■
これまで、
2014年8月頃からGoogleではSSLの導入を推奨しております。

実際にブラウザで動きがあったのが2018年7月のGoogle Chrome68 アップデート
独自SSLが導入されていない全てのWebサイトでの警告表示が開始されてました。

※検索順位でも「httpsサイトを優遇する」という事も言われました。

Google Chrome70 アップデート
ラベルが赤字に反転するようになり、非SSLページでの警告がさらに目立つ仕様となりました。

さらに今回、Google Chrome 79 アップデート
2019年12月から2020年2月にかけ、Google Chromeに対してWebサイト内の「HTTP」コンテンツがブロックされるよう段階的な仕様変更が行われることが公表されました。

上記、SSL(https)化対応を行っていないとWebサイトが正常に表示されなくなる場合があるとの事から、SSLの駆け込み対応が多くなってます。


高クオリティホームページ!

PAGE TOP

ホーム  制作実績  料金プラン  制作の流れ  事務所概要  よくある質問  プライバシーポリシー  お問い合わせ  リンク  サイトマップ